【このマンガを読め!】2017年

AWARD

ランキング

10位 昭和元禄落語心中

満期で出所の模範囚。

だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。

娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。

弟子など取らぬ八雲師匠。

惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 

昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

9位 ディザインズ

自然界を超越した異形の生物──

HA(ヒューマナイズド・アニマル)。

それは遺伝子を“設計”された、ヒトと動物とのハイブリッド。

HAが備える驚異的な身体能力は、野心を抱く人々の策略によって殺りくの現場へと投入され、その真価を発揮していく。

ヒトは何のためにこの異形をデザインしたのか──

その背景には、人類の未来へとつながる壮大な計画が横たわっていた! 

稀代の表現者・五十嵐大介が放つハードSF、ついに登場!

8位 双亡亭壊すべし

大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。

立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。

遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。

おぞましき屋敷を破壊する為に…!!

7位 死者の書

時は八世紀半ば、平城京の都が栄えた頃。

いずれ氏神に仕える者として、館の奥深くで育てられた藤原南家の娘――郎女は、ある年の春分の日の夕暮れ、荘厳な俤びとを、二上山の峰の間に見て、千部写経を発願する。

一年後、千部を書き終えた郎女は、館から姿を消し、ひとり西へ向かう。

郎女がたどり着いたのは、二上山のふもと、女人禁制の万法蔵院。結界破りの罪を贖うため、寺の庵に入れられた郎女は、そこで語り部の姥から、五十年前に謀反の罪で斬首された滋賀津彦と耳面刀自の話を聞かされるのだが――。

6位 夜廻り猫「今宵もどこかで涙の匂い」

ある夜、Twitterから生まれた8コマ漫画「夜廻り猫」。

涙の匂いをたどって心に寄り添うためにやってくる夜廻り猫こと遠藤平蔵。

傷つき涙する者を励ますために毎夜、現れる。

そんな平蔵と共に夜廻りをする子猫と影から見守る片目の猫・ニイ、飼い主を振り回すワガママな猫・モネなど個性豊かなキャラクターが勢ぞろい!! 

5位 FANTASTIC WORLD

「歯ちゃん、世界は美しいねェ。」

地球の内側には、もう一つの文明がありました。

地球の内側はゴムボールのように空洞になっており、その内部世界にはもう一つの文明があった。

4位 ニュクスの角灯

1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。

西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……

3位 金の国 水の国

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり

B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?

2位 疾風の勇人

1947年。終わりの見えない占領が続く日本。復興財源をかき集める大蔵省次官・池田勇人の前に現れた吉田茂が吼えた!

「GHQを追い出し日本を独立させる!」 池田は吉田と行動を共にすることを決意! 

そして吉田のもとに新時代の戦士達が結集する! 

さあ、GHQからこの手に政(まつりごと)を取り戻せ!!

1位 盆の国

お盆を繰り返す町で巻き起こるエンドレスサマーストーリー!

お祭り、夕立、花火、恋… いろんな夏が詰まってる。

お盆に帰ってくるご先祖さまの姿が見える女の子・秋。

会えないはずの人たちに、もう一度会える楽しい季節。

このままずっとお盆だったらいいのに…

ふと頭に浮かんだ妄想は、なぜか現実になってしまう。

同じ一日を繰り返す町の中で出会った謎の青年・夏夫と、誰も知らない不思議な冒険がはじまる

まとめ

2017年この本を読め!一位は『盆の国』となりました。

おめでとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました