【腐女子を描いた漫画ランキング】Top10 【男が読んでも面白い】

RANKING

はじめに

BL漫画をこよなく愛する腐女子の生態について描いた漫画を集めてみました。

BL大好きな女性の方にはかなりの高い共感性を得られると思います。

あくまでBL漫画のランキングではなく、BL漫画を愛する腐女子を描いたランキングとなります。

 

ランキング

10位 ただいま居留守にしております。

喫茶店で働く珠子は一般人を装っているが、実はめっちゃ腐女子。

同人活動やアニメ鑑賞など、オタクにとってマイホームとはまさに聖域。

そんなお家大好きな珠子に襲いかかる、チャイム&ノック音…。

新聞の勧誘や、珠子に恋する職場の男子など、外部からの訪問をシャットダウンし充実のオタクライフを手に入れるため、今日も珠子は居留守を使う。

 

9位 私がモテてどうすんだ

私は芹沼花依。

男の子同士が仲よくしているのを見たり妄想するのが大好きないわゆる腐女子。

ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで体重が激減。

すると、校内の4人の美男子からデートの誘いを受けちゃった。

私とじゃ萌えないのに。

まさかのモテ期でどうすんだ。

 

8位 もはや私は貴腐人です

「の世は全て、“攻め”と“受け”でできている!」

『ラブホ腐女子会マンガ』でBL界の話題となった、腐女子妄想ライフマンガ『もはや私は貴腐人です』。

収録BLテーマ――「ニュートン」「机と椅子」「牡蠣」「ジンギスカン」「ラブホ女子会」「婚活」「カラオケ女子会」さらには夏目漱石の『心』までBL化。

 

7位 腐女子交流記

共感者続出!? 古参アラサーと新参JKのオタあるある満載の“腐”日常。

オフ会、SNS、職場などなど、ふいに出会った新参オタの思考回路が怖い。

そんな経験がある全ての古参オタにこの本を捧ぐ。

アラサーとJKのオタクあるある満載の腐日常をお楽しみ下さい。

 

6位 腐女子の幸せ

土井かな子、25歳。

無職で友達も彼氏もいない。

そんな腐女子がひたすら部屋の中で漫画読んだりアニメ実況したり妄想したり、イラスト投稿サイトで叩かれたり。

悲喜こもごもの腐女子ニートギャグついに発売。 

 

5位 メタモルフォーゼの縁側

75歳のおばあちゃんが出会ったもの、それはBL。

ふと立ち寄った書店で老婦人が手にしたのは1冊のBLコミックス。

75歳にしてBLを知った老婦人と書店員の女子高生が織りなすのは穏やかで優しい、しかし心がさざめく日々でした。

 

4位 裸一貫! つづ井さん

あまりに身辺情報の少ない俳優にハマってしまったつづ井さん。

彼にまつわるネット上の情報はすべて把握し、観劇に月々の出費の大半を捧げ、彼について他の人と話したくて自分の中に架空の人格を作り出すも、報われない日々。

情緒が大変なこともあるけれど、自分のお尻を育てたり、友達のオカザキさんやMちゃんと
夜の公園で全力で遊んだり、異性と話すリハビリとして街コンに参加したり。

不思議なくらい、生きるのが楽しい。

つづ井さんと仲間たちが工夫して日常を楽しむ姿に、笑って癒されて元気がもらえる、全く新しいアラサー女子のエッセイ漫画。

 

3位 タイムスリップオタガール

全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)。

コミュケの帰り道、同人誌と共に電車に轢かれた彼女は不思議なタイムリープに巻き込まれる。

その後、なんやかんやあった末にはとこが行き着いたのは1996年。

アラサーから圧倒的共感の嵐。

30歳からはじまる<オタク人生やり直し>ストーリー。

 

2位 咲くは江戸にもその素質

乙女の“萌え”は時代を超える。

大江戸腐女子物語。

江戸時代にも、「その素質」を持つ女の子はきっといたはず。

サク、カメ、フミは、同じ寺子屋に通う仲良し江戸女子三人組。

最近みんなでハマっている「南総里見八犬伝」だが、サクは荘助と信乃(注:二人とも男)がくっついたらいいのになーという妄想が止まらなくなってしまい。

 

1位 ヲタクに恋は難しい

隠れ腐女子のOL・成海と、ルックス良く有能だが重度のゲーヲタである宏嵩とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。

『次にくるマンガ大賞2014』の〝本にして欲しいWebマンガ部門〟第1位、pixiv内オリジナルコミックブックマーク数歴代1位の大人気作品が多数の描き下ろしを加えて待望の書籍化。

 

まとめ

やはり『ヲタクに恋は難しい』は別格ですね。

現代に腐女子が普通に存在する事を世の中に知らしめた作品だと考えてます。

単なる成り行き恋愛ものではなく、おたくならではなのリアルな心情を描いているところにも好感が持てます。

※世の中にはびこる隠れオタク達の共感性が非常に高い作品です。

顔面偏差値が双方とも高いので、たまにイラっとするところもありますが。

絵柄も可愛く、アニメ化→映画化と乗りに乗っているこちらの作品、読んだことない方は是非一読する事をお勧め致します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました