【ギャグ漫画ランキング】Top20

RANKING

はじめに

毎日憂鬱な仕事、退屈な学校に嫌気がさしていませんか。

そんな暗い日常を明るく変えてくれるギャグ漫画を集めてみました。

私がおじさんの為、鉄板ギャグ漫画より20代~30代後半向けのストーリー性のあるギャグ漫画が上位となっております。

クスッと笑いたい方はぜひ一読下さい。

ランキング

20位 珍遊記

昔々ある所にジジイとババアがいました。

二人は、史上最強のサル&天下無法の暴れん坊の山田太郎にたいそう手を焼いていました。

そこへ現われたのは旅の僧・玄じょう。

人智を超えた二人の戦いは意外な展開に…。

 

19位 ポプテピピック

風刺もパクリもどんと来い。

ネット上で大人気の暴れん坊4コマ、不可能といわれていたコミックス化が実現!

 

18位 スナックバス江

北海道最大の繁華街すすきのから5駅離れた北24条。

この町の「スナックバス江」は、バス江ママと、チーママの明美さんの楽しいお店。

彼女たちと珍妙な常連&一見さんが織りなす笑いで、あなたもきっと、いつしか笑顔。

 

17位 銀魂

江戸では、突如宙から舞い降りた異人「天人」の台頭と廃刀令により侍が衰退の一途をたどっていた。

しかし一人、侍の魂を堅持する男が。

その名は坂田銀時。

甘党&無鉄砲なこの男が、腐った江戸を一刀両断…するかも!?

 

16位 翔んで埼玉

「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ! 」

ネット上を震撼させた衝撃の埼玉ディス作品、ついに復刊。

『パタリロ』で知られる魔夜峰央の伝説の名作、いや迷作、「翔んで埼玉」。

近年Twitterで、その恐るべき埼玉ディスが話題となりました。

いわく、

「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」

「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」

「病気になっても医務室は都民のもの」

「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ」

執筆当時、埼玉在住だった魔夜峰央氏の実体験が、たっぷり! ?

長きにわたりファンの間で語り継がれていた「埼玉版『ロミオとジュリエット』」が、今ここに、 再び幕を開けます。

 

15位 いぬまるだしっ

またたび幼稚園すみれ組に新任のたまこ先生が赴任してきました。

すみれ組ではいつも元気でいつも下半身丸出しのいぬまるくんが、楽しい問題を起こしています。

全てをさらけ出す新感覚ギャグ漫画。

 

14位 斉木楠雄のΨ難

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。

誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。

故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近。

 

13位 浦安鉄筋家族

元気一番の小鉄にオモシロ家族と仲間たち。

ちょー変なご近所さんも乱入のウルトラ人気ギャグ!

 

12位 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ

花のお江戸に暮らす青年武士・磯部磯兵衛の夢は立派な武士になること。

そのため武士道学校に通い、日々精進…する予定。

実際は励まず学ばず勤しまず、ぐっだぐだな日々を送る磯兵衛の物語、幕を開けるで候。

 

11位 ギャグマンガ日和

古今東西のネタを盛り込んだ、めくるめくギャグマンガ登場。

うすた京介先生を始め各界から絶賛を受けたヘンテコワールドがキミの臓腑をじわじわ刺激する。

 

10位 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

高校に行けば自然とモテると思っていた黒木智子。

しかし、無残な現実が襲いかかって来る。

この状況をどう打破するか。

女子高生の苦悩が始まる!

時々かわいいニューヒロイン誕生?

 

9位 プラスチック姉さん

「放課後だからってすぐに帰るのはもったいない」

「青春なんてあっという間に過ぎていくんだ」

「だから私は、帰宅部をビンタしています」

模型部なのに模型をほとんど作らない姉さんたちの青春チックコメディー。

 

8位 あそびあそばせ

圧倒的画力で描かれる美少女とシュールギャグに、笑わずにはいられない。

ギャグ漫画の最先端を行く「美少女×お遊戯」コメディ。

 

7位 ピューと吹くジャガー

酒留清彦はミュージシャンを夢見る17歳。

ある日、意を決してオーディション会場へやってきた清彦は、そこで謎のフエ吹き男と出会う。

彼こそが、この後の清彦をギャグ人生へと誘うジャガーさん、その人であった。

 

6位 お茶にごす

「平和な心と生活を手に入れたい」と願い、茶道部に入部した最強の不良・デビルまークン。

彼は暴力の連鎖から逃れ、優しさの道を極めることが出来るのか?

 

5位 ヒナまつり

芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。

それが全ての始まりだった。

物体のなかに居たのは、無表情な少女・ヒナ。

強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。

かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった。

 

4位 ママはテンパリスト

革命的面白さの、新世代育児エッセイ。

漫画連載を多数かかえる作者は、初育児に毎日テンパりまくり。

息子ごっちゃんの、予想を裏切る驚愕リアクションの数々。

そのデンジャーな魅力に、やみつきになる。

 

3位 エリートヤンキー三郎

奴の名は大河内三郎。

またの名をエリートヤンキー。

春、それは希望の季節。

だが、徳丸学園の新入生、大河内三郎には空前の大不幸が待ち受けていた。

伝説の不良・大河内一郎、二郎の弟というだけで三郎は番長に祭り上げられ、三郎軍団なる組織まで結成されてしまう。

そして、それを気に入らない連中が次々と三郎を狙い始めた。

だが、三郎は気の弱い普通の高校生だったのだ。

 

2位 行け!稲中卓球部

熱血卓球少年竹田(巨根)率いる稲豊中学卓球部。

前野は変態で井沢は『あしたのジョー』オタク。

ハーフの田辺はワキガだし田中は大人しいがムッツリだ。

そして稲中イチのモテモテ男である副部長・木之下。

そんなキミョーでダメダメで愛すべき彼らの青春グラフィティー。

 

1位 アフロ田中シリーズ

『アフロ田中』…新シリーズは“結婚”。

田中 広、31歳。

“しあわせ”の先に挑むは、人生最大のイベント“結婚”。

恋人・ナナコへのプロポーズを果たし、いよいよ“結婚”への道を歩き始めた田中に波瀾発生!?

両親への挨拶、結婚式の費用、先輩からの迷アドバイス。

いまだかつてない、結婚の真実が明かされる。

マンガ界のおバカ革命児が放つ、かつてない爆笑の結婚狂想曲。

 

まとめ

田中シリーズは本当に究極に面白いです。

学生時代~社会人~バイト~結婚と幅広いラインナップがあるので、過去編から辿れば10代の子でも面白く読み進めることが可能です。

主人公田中には、斜に構えた考え方や破天荒な行動など一見おかしなところが目に付くのですが、全体的に見ると共感性が高く少し憧れてしまう不思議な魅力があります。

男性であれば必読の一冊と言っても過言じゃありません。

ランキングは基本的に、20台中盤から30代後半の方向けラインナップとなっております。

色んなジャンルのギャグマンガを幅広に集めてみましたが、まだ見たことない読んだことない漫画がありましたら一読することをお勧め致します。

一押しは『ママはテンパリスト(ママテン)』です。

男性あまり読んだことある人いないかもしれませんが、東村あきこ先生実体験に基づく育児漫画となっておりめちゃめちゃ面白いです。

子供がいると倍増して楽しめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました