【スポーツ漫画ランキング】Top50

RANKING

はじめに

大人になるにつれ、若い時の爽快感やフレッシュさを求めたくなりますよね。

そんなテレビジョンのレモンのような爽快感溢れる漫画を集めてみました。

体力の衰えを感じ始めている中高年の皆様に、是非読んで頂きたいラインナップとなっております。

ランキング

それでは発表致します!

50位 LIGHT WING

帝条高校へ入学し、サッカー部で日本一を目指す天谷吏人。

しかし、同じ帝条でも強豪の“私立”ではなく、弱小の“市立”に入学してしまった。

それでも吏人の思いは変わらない。

全国制覇へ向けて、キックオフ!

 

49位 帯をギュっとね!

5人の中学生が、昇段試験で黒帯をとった。

粉川巧、同じ北中の杉、南中の斉藤、それに東中の三溝と宮崎だ。

かつてのライバル同士が、意外な形で再会したのは、高校の入学式。

しかも同じクラス。

でも、この浜名湖高校には、柔道部がなかった。

そこで彼らは、柔道部を自分たちで創部する。

全員一年生の新生・浜名湖高柔道部がスタート。

 

48位 ハリガネサービス!

中学バレー部ではレギュラーになれなかった下平鉋。

都立豊瀬高校ではなんとかレギュラーを目指して頑張ろうとしていると、一緒に入った同級生の3人は元・中学東京選抜であった。

青春高校バレーボール巨編。

 

47位 I’ll ~アイル~

高校入学目前に、ある中学校で行われた3年生最後の出場となるバスケの試合。

そこで二人は出会う。

バスケ一家で育った“エリート”の柊仁成と、天性の跳躍力を持つ立花茜。

だが二人に共通した思いは、高校ではもうバスケはやらないということだった…。

 

46位 DAYS

少年たちは全力で、笑い、泣き、走る。

心をジンジン刺激する。

激熱サッカー漫画!

何のとりえもない、特技もない。

けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。

孤独なサッカーの天才・風間陣。

嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける。

 

45位 ALLOUT!!

背が小さいことを気にしている祇園健次は神奈川高校の入学式当日、長身の石清水と、ひとつの球技に出会う。

その球技とはラグビー。

凸凹コンビが紡ぐ青春楕円物語、ここに開幕。

男たちの熱いドラマを描く本格高校ラグビー漫画。

 

44位 テコンダー朴

思い知るがいい日本の罪の深さを、そして我ら大韓民族の偉大な歴史を。

最強格闘技テコンドーで劣等民族チョッパリ(日本人野郎)を一蹴!

劣等民族・日本人は反省しろ!

世界最高民族・韓国人を尊敬しろ!

韓流ファンタジー(妄想)を具現化したテコンドー最強伝説の幕開けだ。

空手・柔道・剣道・相撲・孔子・仏教・漢字・ムエタイ・飛行機……この世は全て韓国起源?

世界最高民族・大韓民族に全人類の名により心から感謝。

世界文明宗主国・大韓民国に永遠無窮なる栄光あれ!

 

43位 忘却バッテリー

中学球界で名を馳せるも野球から遠ざかっていた天才たちが都立の野球無名高校で偶然集結。

完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火。

その相方、切れ者捕手の“智将”要圭(記憶喪失により現在、素人!)。

そして、かつて2人に敗れ散った者たち。

巡り合い、再び動き出す彼らの高校野球ストーリーがいま始まる。

 

42位 風の大地

栃木県鹿沼カントリークラブの研修生、沖田圭介は、24歳。

年齢的には遅いスタートながら、プロゴルファーを目指すべく日々練習に明けくれている。

だが、沖田はまったくの素人であるため、まだ上手に球を打つことができない。

 

41位 送球ボーイズ

北陸の田舎町、氷見市。

ここは、ハンドボールの町として知られている。

そんな町で、地元のハンドボール少年、凪が出会ったのは、東京から来た謎の少年、エイト。

二人の出会いが、全国への夢が動き出す。

ハンドボール経験者の作者が描く、本格送球部コミック始動!

 

40位 背筋をピン!と

部活紹介で競技ダンス部の華麗なパフォーマンスに感動した高校一年の土屋雅春は、体験入部で同じく未経験の亘理英里と出会う。

未知の世界へ踏み出した二人を待つのは!? 青春部活ストーリー、ここに開幕。

 

39位 灼熱カバディ

カバディはネタじゃない…熱いスポーツだ!

スポーツ嫌いの元サッカー有名選手・宵越竜哉のもとに、ある日カバディ部が勧誘に。

「カバディなんてネタだろ(笑)」

と内心バカにしつつ練習を見に行くと、そこではまるで格闘技のような激しい競技が行われていて。

 

38位 あしたのジョー

ある日フラリと下町のドヤ街に現れた、天涯孤独な少年・矢吹丈。

腕っぷしの強さが元ボクシング・ジム会長の飲んだくれオヤジ、丹下段平の目にとまった。

 

37位 ベイビーステップ

マジメ少年+美少女×テニス=熱血スポコン?

成績はずっとオールA。

几帳面でマジメな“エーちゃん”。

ちょっぴりいい加減でもテニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会う。

そのせいでテニスの魅力に取りつかれて人生激変。

快感、そして悶絶。

数式じゃ表せない、衝撃的な人生の化学変化が始まった。

 

36位 テニスの王子様

テニスの名門校・青春学園中等部に入学してきた越前リョーマ。

アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持ち、天才少年と呼ばれるリョーマだったが、青学テニス部には、1年生は夏まで大会に出られない規則があり。。

 

35位 エリアの騎士

天才サッカー選手と言われ各年代の日本代表にも選出される兄・逢沢傑と、偉大すぎる一つ年上の兄を持つ弟・逢沢駆。

ある日、傑と駆が登校中に交通事故にあい、傑は脳死状態、駆も非常に危険な状態となってしまう。

ただ一つ、駆を救う手段は傑の心臓を駆に移植することであった。

背負って生きて行くにはあまりにも重い「傑の心臓」とサッカーに賭ける「情熱」。

駆は苦悩と戦いながらサッカー選手として、人として成長していく。

 

34位 ダイヤのA

中学全国大会を目標としていた沢村栄純。

最後の大会は自らの暴投で敗退してしまう。

仲間とともに高校でリベンジを誓うなか、名門、青道高校野球部からスカウトが来る。

見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに。

名キャッチャーの呼び声高い御幸一也との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる。

 

33位 DEAR BOYS

バスケの名門校・天童寺から瑞穂に転校してきた哀川和彦。

哀川は廃部寸前だった瑞穂バスケ部への入部を希望した。

175cmの身長でダンクを決める哀川の実力と、バスケにかける情熱で活動を再開した男子バスケ部。そして、最初の練習試合の相手が成田中央に決まった。

男子バスケ部を活動停止に追い込んだ、元顧問・下條の転任先。因縁の試合に熱くなった藤原が暴走し、チームワークを乱す瑞穂。

それを相手に、冷静に得点を重ねる成田中央。

因縁の試合は瑞穂不利のまま、後半戦に突入する。

 

32位 おおきく振りかぶって

県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉。

見学するだけと訪れたものの強引に入部させられたのは、全員1年生くせ者揃いに女監督コワイという創設まもない野球部だった。

オレらのエースは暗くて卑屈。

勝つために、弱気なエースのために。

「行け、オレら!」

読むとためになり、しかも血沸き肉躍り涙する。

絶対に面白い本格高校野球漫画。

 

31位 ファンタジスタ

都立水元高校サッカー部は、坂本琴音という女性監督率いる弱小チーム。

彼らの今日の対戦相手は、強豪・帝東高校だ。

スター選手ぞろいの帝東高校相手に善戦する水本高校だが、先制点を入れられた途端、集中力を失ってしまう。

そこへ、遅れてやって来た坂本轍平が加わり、瞬く間に同点ゴールを決めた。

 

30位 ダンス・ダンス・ダンスール

主人公・村尾潤平は中学二年生。

幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。

バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤平だが、彼の前に、ある日転校生の美少女・五代都が現れる。

 

29位 ハンツー×トラッシュ

女子高生に触り放題、揉み放題?

煩悩全開。

エッチでおバカな水球部青春コメディ、開幕。

カラッポ男が挑む“水中の格闘技”!

毎日を流されるままにフラフラと過ごしてきた高校1年生・浜路洋平のもとに、ある日部活の勧誘がやって来て、こうつぶやいたのです。

「我が部は女子に触り放題、揉み放題だぞ」と。

そんな夢のような部活って?

 

28位 火の丸相撲

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸。

「デカく」「重く」

が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が?

頂点・横綱を目指すド白熱高校相撲、開幕。

 

27位 YAWARA!

日刊エブリースポーツ記者の松田は、ある日、ひったくり犯人を見事な巴投げで投げた少女を目撃する。

彼女の名は猪熊柔。

過去に全日本柔道選手権を五連覇した猪熊滋悟郎を祖父に持ち、卓越した柔道センスを身に付けた女子高生である。

しかし、彼女の願いはあくまでも“普通の女の子”。

そんな彼女に祖父・滋悟郎は、オリンピックでの金メダル、さらには国民栄誉賞を目指せというのだ。

 

26位 Mr.CB

ジャイキリで「監督」を描いた綱本が次に描くサッカー漫画はなんと「センターバック」!

舞台は昇格を目指す国内3部リーグの小さなクラブ。

元サッカー日本代表の吉永は無名の高校生・千明にセンターバックとしての資質を感じ、育てはじめる。

サッカーに関わるすべての人々へ捧ぐ熱き魂のセンターバック物語!

 

25位 ワンナウツ

“優勝に必要な何かが足りない” その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む不運の天才打者児島弘道。

そこで彼は一人の男と出会う。

120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。

彼は名乗る。

渡久地東亜と…。

 

24位 ピンポン

月本(通称・スマイル)と星野(通称・ペコ)とは幼馴染み。

小学生時代に駅前の卓球場タムラでラケットを握っていた頃からの仲だ。

天才肌の星野はいつも好き勝手やり放題。

今日も部活をさぼっていた。

先輩たちに「星野を部活に連れてこい」と命令される月本だったが。

 

23位 あひるの空

車谷 空、15歳。

身長は149cmと低めだけど、バスケが大好き。

入学したばかりの高校でもバスケ部に入部しようと張り切るものの、そこにいたのは学校をしきる凶悪な双子とその仲間達。

こんな部で、空はバスケを続けることができるのか?

そして、小柄な空が魅せる大きな翼とは。

 

22位 グラゼニ

グラゼニ=“グラウンドには銭が埋まっている”。

下は240万円から、上は数億まで。格付けが、年俸によって完全に決められている超格差社会・プロ野球。

凡田夏之介は高卒でプロ入りした8年目の中継ぎ投手。

左腕でサイドスローという一風変わった武器と、全球団の1軍選手の年俸をソラで言えるという不思議な特技で、厳しい世界を必死でサバイバる!

 

21位 ラストイニング

関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。

しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。

元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ。

かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える。

 

20位 キャプテン翼

サッカーボールを友達に育った少年、大空翼!

翼の夢は、日本をワールドカップで優勝させること。

南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才ゴールキーパー若林源三と出会い、勝負を挑むことに…。

 

19位 switch

優秀な兄・陸玖と比べられる毎日にウンザリな雷夢…。

しかし勇気を出して、バスケを始めることを決意する。

いきなりの球技大会、立ちはだかるはクセが強い好敵手たち、ムカつく先生、そして陸玖。

初心者の雷夢に勝機はあるのか!?

 

18位 ROOKIES(ルーキーズ)

二子玉川学園高校にやってきた新任教師・川藤幸一。

その熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持って受け入れられる。

やがて不良の巣窟となっていた野球部再建に着手するが、猛反発する部員から、川藤が前の学校で“暴力教師”として学校を辞めた事を暴露されてしまった。

 

17位 タッチ

力という言葉に縁のない兄・上杉達也と、何事にも一生懸命努力する弟・上杉和也。

二人は、双子の兄弟。

隣の喫茶店「南風」の一人娘・浅倉南とは幼なじみ。

三人の「青春」から、目が離せない。

 

16位 黒子のバスケ

火神大我が入学先の誠凛高校バスケ部で出会ったのは、黒子テツヤという超地味な少年。

存在感も無さ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、実は彼は「キセキの世代」と言われた伝説の最強チームのメンバーで。

 

15位 はじめの一歩

いじめられっ子だった幕之内一歩はひょんなことからボクシングに出会い、熱中していく。

一歩は『強いってどういうことだろう?』という素朴な疑問を抱えながら、持ち前の頑張りで過酷な練習に耐え抜き、強くなっていく。

数多の強敵との死闘を勝ち抜き、国内屈指のハードパンチを持つ日本王者となった一歩。

その次なる目標は遥かなる世界王者への道。

限りなく熱く純粋な一歩のさらなる挑戦が始まった。

 

14位 ガンバ!Fly high

平成学園中等部一年B組・藤巻駿は、将来オリンピックで金メダルを取る夢を抱き、体操部に入部する。

ところが、男子体操部は超弱小だと知らされる。

ロス五輪金メダリスト・森末慎二が原作初挑戦。

金メダルをめざす少年・藤巻駿の波乱万丈、超熱血体操ストーリー。

 

13位 MAJOR(メジャー)

プロ野球選手の父を持つ元気一杯の野球少年・吾郎が、プロ野球選手という大きな夢に向かって突き進む本格派ベースボール成長ドラマ。

 

12位 モンキーターン

波多野憲二はちょっとそそっかしいが、負けん気の強い度胸のある17歳。

幼いころからの夢であるプロ野球選手になることを断念した憲二の今の夢は、競艇選手になること。

そのきっかけは担任教師・筒井の勧めで。

ボートレーサーを目指し、本栖研修所の試験を受けた憲二。

友情と闘争心の中で大きく育っていく若者を描いた、青春スポーツ漫画の傑作。

 

11位 柔道部物語

俺は三五十五。

高校に入学したばかりで何も知らない俺は、先輩たちの甘い言葉に乗せられて柔道部に入ることにした。

ところが、入部したとたん、先輩たちの態度が豹変。

シゴキはあるわ、坊主頭にさせられるわ、もちろん女の子との交流会なんて真っ赤なウソ。

でも、一度やると決めた柔道だ。

強くなってみせるぞ。

読み出したら止まらない。

珠玉の本格柔道コメディ!

 

10位 ハイキュー

おれは飛べる!

バレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。

だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。

リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが。

 

9位 アイシールド21

泥門高校1年・小早川瀬那。

気弱な性格が災いし、幼き頃よりパシリ人生を送ってきた。

だがそのおかげでズバ抜けた俊足を持つ瀬那は、悪魔のごとき男・ヒル魔によりアメフト部へと引きずり込まれるが。。

 

8位 リクドウ

父親を失った少年・芥生リクは借金取りの元ボクサー・所沢京介と出会う。

理不尽に満ちたこの世界で、人は何をよすがに生き抜くのか。

戦うのか。

人生という茨の道を歩む芥生リクの破格の拳闘ストーリー。

少年には何もない。

その拳以外は。

 

7位 ブルーロック

2018年、W杯。

日本代表は無残に散った。

今大会もベスト16止まり。

アジアでは強豪?組織力は世界レベル?

そんなことは、もう聞き飽きた。

課題は、絶対的な「エースストライカー」の不在。

悲願“W杯優勝”のために、ゴールに飢え、勝利に渇き、試合を一変させる革新的な“1人”を作るべく、日本フットボール連合は300人のユース年代の選手達を招集する。

まだ無名の高校2年生・潔世一は、己のエゴを以って299人を蹴落とし、最強のエースストライカーの道を駆け上れるか。

登場人物、全員“俺様”。

史上最もイカれたエゴイストFWサッカー漫画、ここに開幕。

 

6位 バトルスタディーズ

「強育」は愛、栄光への通過儀礼。

生きる術は全て「PL野球部」で学んだ。

18人で天下を獲ろう。

俺たちの前に、道はできる。

元PL球児が描く超リアル高校野球漫画。

5位 あさひなぐ

二ツ坂高校一年、東島旭、15歳。

中学まで美術部だった旭は、

「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」

といううたい文句に感激し、薙刀部に入部する。

痴漢を蹴りで撃退する強き女、あこがれの先輩、宮路真春、同じ一年生で剣道経験者の八十村将子と長身が悩みの紺野さくら…旭と仲間達。

 

4位 弱虫ペダル

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km。

アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ。

ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編。

 

3位 ジャイアントキリング

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる。

達海猛35歳、イングランド帰りのサッカー監督。

好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)

東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETUの監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる。

これがフットボール漫画の新スタンダード。

 

2位 アオアシ

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに。

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて。

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める。

 

1位 スラムダンク

中学3年間で50人の女の子にふられた桜木花道。

高校生となった彼は、ふと声をかけてきた女の子・赤木晴子に性懲りもなく一目惚れ。

その「バスケットはお好きですか?」との問いに花道は…!?

 

まとめ

やはり『スラムダンク』は別格ですね。

1990年の連載開始時には運動部所属者の18%だったバスケ部員の割合が、連載終了の1995年には23.5%まで増えたというので驚きです。

人数でいうと、17万人から22万人に増加したというから、如何に漫画が与える影響がすごいかがわかります。

また、部活動ものが多いためか、長期連載の漫画が多いのも特徴的です。

世間から刹那で忘れられてしまった『LIGHTWING』さんとかはちょっと外れますが。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました